砂埃などが入ってしまうと眼球はゴロゴロとした異物感を感じてしまいます。
こうした場合にはよく洗眼してゴミを出してしまえば解決です。
でもゴミが入っていないのに異物感がいつまでも残ってしまう場合には注意が必要です。
これは眼球と粘膜と涙のあいだになにか問題が発生していることも考えられるからです。
眼球はいつでも涙の膜に均等に覆われていて乾燥から守られています。
同時に光の反射も均等に入ってモノがきちんと見えるようになっているのです。
でも、この涙の幕がところどころあいてしまったり粘膜も異常があったりすると、いつまでも異物感が消えずにゴロゴロし続けてしまうということになります。
こうした眼球の表面がデコボコになる症状は現在とても増えていて、年齢を問わず現れる症状になっています。
眼科医でこうした症状に当てはまるかの検査をすることができます。
涙の量が少なかったり、眼球の表面にデコボコがあったりした場合には、きちんとした治療をしなくてはいけません。
ヒアルロン酸の目薬でしっとりと潤いを与えたり涙の量をカバーしたり、きちんとこうした治療によるアイケアを続けることができれば症状も改善されて健康な目を守ることができるのです。

新着記事

町田で自分の歯を残す治療を望んでいる方へ伊勢原市で屋根の修理。画期的な業者を発見銀座の書類のスペシャリストである司法書士行政書士事務所不動産売却で失敗しない方法を教えてくれる